沢山の種類があるうつ病【症状によって治療法が変わる】

辛い時は休養を

ウーマン

気分がふさぎ込み、食事や睡眠ができなくなったり、逆にやりすぎてしまうなどが主な症状といえばうつ病です。通院と周囲の理解、そして本人が心身共に休息をとることが回復の為に必要で、他にも冷えや腹痛、吐き気などの症状が及ぶこともあります。

Read More

つらいのは病気のせいかも

ナース

つらい気持ちが、うつ病の症状だと考えるのなら、近くにある評判がよい精神科か心療内科に訪れて、きちんと診てもらいましょう。特別なところというイメージがありますが、これらの病院やクリニックでも他の診療科目と同じように普通に診察を受けられます。

Read More

心の病は完治できます

病院

うつ病は早い段階で治療を受ければ、治す事ができます。身近な人がうつ病の症状に気が付いてあげる事が必要です。精神科では薬物療法や心理療法を用いて治療を試みていきますが、短期間で完治させるには医師との相性が重要になります。

Read More

うつの特徴や状態

男性

うつアカデミー

うつ病は症状が悪化するまでに治療するのが基本です。鬱っぽい感じがあるなら、治療について勉強しましょう。

うつ患者の接し方と治療

近年、うつ病を発症してしまう人が増えてきています。精神疾患であるうつ病は、過度なストレスや悩みを抱えることから、心に負担がかかり発症する病気です。症状としては、倦怠感、やる気のなさ、絶望感、憂鬱感が常につきまとう、といった精神的症状が一般的です。ほかにも、めまい、吐き気、頭痛、発熱などの肉体的症状が出る場合もあり、個人差がある場合がほとんどです。もし、家族や身近な人がこのようなうつ病になってしまった場合、最低限守るべきことがあります。それは、過度な期待や励ましをしない、ということです。うつ病の患者は、ふさぎ込んだり、落ち込んだりして目に見えて憔悴してしまうことがあります。大切な家族や恋人であれば、そのような姿を見たら、頑張って、という言葉や、きっとよくなるから、という励ましの言葉をかけたくなりますが、これは逆効果になる可能性があります。うつ病の患者にとって、このような言葉はさらに大きなプレッシャーとなって心にのしかかり、早く治さなきゃという焦りが出てしまうからです。焦る気持ちが出てしまうと、なかなかよくならない状況にさらに落ち込み、病状が悪化してしまうことがあるのです。そのため、もしも身近な人が発症してしまった場合は、前と変わらずに接し、陰ながら支えてあげるということが重要です。無理に会社や学校に行かせようとしたり、頑張れと励ましたりせず、本人の意思を尊重して接することが大切です。そうすることでプレッシャーを感じることなく、治療に専念出来るようになります。さて、ではこのようなうつ病は、どのように治療を行っていくのでしょうか。自分、または身近な人がうつ病である疑いがある場合は、まずは病院の心療内科や精神科へ行きましょう。そこである程度カウンセリングを行い、治療方針を決定していきます。軽度の場合は、まずは抗うつ剤などを使用しながら、投薬による治療を開始します。寝られないなどの睡眠障害の症状がある場合、睡眠薬などを処方されることもあります。また、同じく頭痛などの症状がある場合は、それを抑える鎮痛剤などを処方させる場合もあり、人によって種類は様々です。さらに、定期的に病院に通い、人と話してカウンセリングを行う、ということも重要な治療法の一つです。根気強く続けることで、回復に向かう場合があります。発見が遅れ重症の場合には、入院しなくてはならないこともあります。入院も治療の一つで、一度社会と離れることで心が落ち着く場合もあります。どちらにしろ、治療には時間がかかります。長い目で見ながら、焦らずゆっくり時間をかけて、治療を進めていきましょう。また、治療の前に、うつ病を予防するということも大切です。日ごろから、ストレスがたまったときの自分なりの発散方法を見つけておくと良いでしょう。また大きな悩みを抱えている場合、一人で抱え込まず、誰かに相談するということも大切です。家族や友達にも言えない場合には、カウンセラーや第三者が匿名で相談を聞いてくれる、電話相談なども利用してみましょう。うつ病の予防、そして適切な治療を行い、心と体の健康を取り戻しましょう。

Back to Top